日々のこと

道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村 > 日々のこと > 春は人事異動が多い季節。参考になるかもしれない良いチームをつくる4つの秘訣【南山城村の場合】

春は人事異動が多い季節。参考になるかもしれない良いチームをつくる4つの秘訣【南山城村の場合】

3月も残り2日!
4/1から組織替え、人事異動なんて方も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、南山城村役場も年度末。
前回、私たちの活動の振り返りをしましたが、
今日はチームについて考えてみました。
 

 

年明けにチーム内の振り返りをした時に
全員が共通だったことがあります。

 

  それは

「全員の思い共通している! 仕事がしやすい!」

ということ。

 

自画自賛になりますが、なかなか稀に見る
バランスの良いチームだと思います。

仲も良いし、個々を尊重し合っている!(…はず)

 

それは何故なのか⁉︎

分析してみました。

 0322-8
秘訣1・ミッションが明確である


そう、私たちのミッションは

「2年後に出来る道の駅の
運営準備・仕組み作りをすること!」

※道の駅でこんなことを考えています

目指す目標が明確だと、チーム内の意思疎通もしやすいです。

 

もちろん「道の駅を作る」というミッションでも どんな道の駅なのか?

思い描くのは人それぞれ。
頻繁に話し合いをし、言葉に落とし込むことを繰り返しています。  

 

秘訣2・
専門性、経験、個性を活かした役割分担

 

たった4人のチームですが、実はちゃんと組織的になってます↓チーム

 

「商品企画室」「情報発信室」「デザイン室」
という
3つの室を作りました!


各室の中には私たち以外に、生産者や加工グループ、
協力して下さる村民さんたちがいらっしゃいます。

 

正直、一人ひとりのスキルもですが、個性がすごいんです笑
チーム内で他己紹介をしてもらったので、ちょっとご紹介。

 

tanabe2s
商品企画室&営業

田邊祐介くん

「料理の学校へいったり、色んな飲食店でアルバイトをしたり、
ここに来る前はみかん農家でジュースやジャムを作っていたこともあり、
料理の知識・スキルは半端ない!

 

「なんでも卒なく大胆に事をこなす。要領がいい。
スーパーポジティブでスピーディ★」

 

「情報収集能力が高い!色々なアイデアは彼から出てくることが多い!」

 

「ブログの文章を見てもそうですが、話しが面白いし、人を惹きつける魅力がある!」

一番年下ですが、チームの引っ張る存在です!

 

nouchi2s
情報発信室
野内菜々さん
「とにかく木が好き!木を切る人も好き!木を尊敬している
↓木のベンチに惚れ込みすぎて、思わず・・・!なんてことも笑」
木ラブ

超純粋!超一途!

「村人へのが強いから、すぐ仲良くなる!どんどん溶け込んでいく!
    だからこそ、文章も素直だし、催事の販売もうまい!」
家庭的で生活を大事にしている彼女。(同じ女子でも、仕事優先の私と大違い!)
色んな目線の人がチームにいるのも、とてもいいことだと思ってます。
 shiro2s
デザイン室
みやたしろ
「6年間メーカーに勤め、パッケージデザインや
雑貨の企画をやっていたので特に箱関係は詳しい」

「かっこいいキャリアウーマン!」

「仕事が好きというのがビシビシと伝わってくる。」

 

「しっかりしろちゃんがふと見せるかわいらしいフェミニンな一面。
 そのギャップがたまらなくステキ。」

 

いや〜、褒めて頂きました!

 

一方で
「でんでんねこの藤田さんがちょっとびびってるらしい。」
  なんて噂も・・・笑

 

秘訣3・束縛しない

で、そんな3人をまとめるリーダー

 

morimoto2s
森本健次さん

「高校卒業後、おばあちゃんのたっての希望で役場に入った生粋の村人・公務員!」

 

「ガツガツかつゆるりと働く、公務員らしくない公務員。
 頭脳がキレる。考えるよりやってみる、の人。」

 

「お役所的マジメマンと、永遠の少年のギャップが魅力。

普段はゆるいのに、作文をお願いすると、固い文章があがって来たり、
 一方でレトロなおもちゃやさんで懐かしいプロペラ飛行機を大人買いしちゃったり」

ひこうき

「ジャンプがすきで毎週欠かさない(海賊王になるらしい)」

一見とっつきにくいこともありますが、実はお茶目さん。

 

仕事も基本的には「任せてくれている」ので
信頼されているという安心感、
遣り甲斐に繋がるのでしょうね!

 


秘訣4・一人ひとりのモチベーションが高い!

仕事をする上で一番大事で難しいのがここなんですが!


道の駅のベースになる、村人の知恵や技、温かなふれあいがあり、
お茶やしいたけなどの素材が素晴らしいからこそ、
私たちも伝えていきたいと思うし、やる気に繋がっているのだと思います!

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

以上、チーム南山城村の場合でした。

 

ミニマムなチームだからこそ、 チームに必要な本質が見える気がします。
(もちろん足りてないことも有りますが…)

道の駅もオープン時には、たくさんのスタッフを雇用するでしょう。
その時に、今思っていることを忘れない様にしたいな、 と思う3月のおわりでした。

 

   しろ2

【4月のお楽しみはこちら!】4/11イベント情報!むらキャバ月世界が予測不可能すぎる。

協 賛