日々のこと

【公式】道の駅お茶の京都みなみやましろ村|茶畑に一番近い道の駅 > 日々のこと > わらじを履いて一日生活してみた結果わかったこと。

わらじを履いて一日生活してみた結果わかったこと。

こんにちはタナベです。

 

ムラの直売所で常々気になる品がありました。

IMG_3376

そうです、わらじです。

 

なんだか可愛くアレンジしています。ビーチサンダルのようでしょ?

 

靴の歴史を調べてみました。「日本靴卸団体連合会」のHPによると。

 

江戸時代、外国人を通じ日本に入った洋靴であったが、

本格的に一般大衆に広まったのは1920年代の大正時代に入ってからである。

 

 

なんと100年ほど前まではみんなこのわらじを履いて生活していたのです。

IMG_3377

すね毛がよくにあいますね。100年前にタイムスリップです。

 

とりあえず自腹で購入して、1日履いてみましたので、

参考にしてみてください。

 

1.付け根が痛い

 

これは予想どおり痛いです。親指と人差指の間です。

何日も履けば慣れてくるのでしょうか。

ビーサンの1.5倍ぐらい痛いです。

 

2.わらがポロポロ落ちる

散らかるので、屋外で履きましょう。

 

3.雨が降ると最悪

実験した日はちょうど雨だったのです。

コンクリートならまだしも、土の上はなかなか厳しいです。

水たまりも厳しいです。

 

4.ちょっと痛気持ちい

半日を過ぎると痛いけどちょっと気持よくなります。

試しに靴に履き替えてみると。

普段の靴のは着心地の良さに衝撃を受けます。

靴ってすごい・・・わらじ痛い・・・

 

5.意外とみんな気づいてくれない

わらじを履いていてもあんまり突っ込んでくれません。

意外とみんな他人に興味がないようです。ちょっと寂しいです。

 

いかがでしょうか。

昔の生活体験ということで、わらじ体験はいかがでしょうか?

普段履いている靴がどんなに素晴らしいかわかります。

 

みなみに今回実験したわらじは、ムラの伝承クラブというおじいちゃん達が作ったものだそうです。

次回はわらじ作りにも挑戦してみたいなー

たなべ2

 

 

 

協 賛