月刊むらびぃと

道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村 > 月刊むらびぃと > 地域特集⑦誕生から38年!月ヶ瀬ニュータウン!月刊むらびぃと17号(2017.3号)

地域特集⑦誕生から38年!月ヶ瀬ニュータウン!月刊むらびぃと17号(2017.3号)

201603-1

201603-2

201603-3

 

3月スタートですね!

暦の上では春になって1ヶ月ですが、まだまだ寒い。
でもいよいよというような、今日の陽気です!

さて、月刊むらびぃと3月号、発刊しましたー!
今月は、月ヶ瀬ニュータウン特集です。

村の中でもいちばん歴史の新しい地域です。

かわいらしいカフェもあるんですよ~!
ぜひチェックしてくださいね♪

※pdfデータでのダウンロードはこちらから
   / 


※月ヶ瀬ニュータウンにあるかわいいカフェ

 「cafeゆるり」の情報はこちらから♪ → 

 

—————————

さてさて、今号のあとがきにも書きましたが
道の駅運営準備室が発刊する「月刊むらびぃと」は、今号でひとまず最終号となりました。

発刊当初のことを思い起こしてみると。
南山城村では道の駅プロジェクトが動きつつも、村内への周知が全然なされていない!どうにかしなければ!という状況でした。

●村内全世帯に配布される広報誌に折り込もう!
●むらびとに愛される紙面づくりをしよう!
●道の駅の進捗を伝えることに加え、村の魅力も織り込んでいこう!

という声をもとに、新聞づくりをスタートしました。

むらびぃと11
むらびぃと11_2
 (記念すべき創刊号!)

はじめはややかため(?)の印象の紙面でしたが、少しずつにぎやかに・・・♪

定期的に「情報発信室」の有志メンバーが集ってミーティングを行い、紙面内容を企画、むらびとにも協力してタイトル字や原稿も書いていただき。

少しずつむらびとから「いつも読んでるよー!がんばりやー」といううれしい声もいただくようになりました。

地域特集がはじまれば、「ずっとこの村におるけど、知らんところがまだまだあるわ!」との感想も届いたり!

 

村にある当たり前のもの。
それがとてつもなくスゴイものだと光をあてること。
発信して、多くの人に知ってもらうこと。


取材には多くのむらびとに協力していただき

本当にたくさんの時間をかけて、お話を聞かせていただきました。

むらびととヨソモノそれぞれの視点で、あしもとの原石をひとつひとつ拾ってきました。

道の駅広報誌「月刊むらびぃと」 という名前なのですが、
むらびとと一緒につくりあげてきた、村内情報誌 です。

タイトルの通り、

「村人 × BEAT(鼓動)」 = 「むらびぃと」

が伝わっているのではないでしょうか?

最終号にあたり、取材に協力していただいたむらびとのみなさん
原稿作成に協力してくださったみなさん

読んでくださったむらびとのみなさん
インターネットを通じて愛読してくださったみなさんに
心より感謝いたします。

本当にありがとうございました!

 

17号駆け抜けてきた「月刊むらびぃと」は、道の駅を運営する会社に引き継がれます。
主に、商品紹介、生産者の風景や思い、などをわいわいと掲載する予定★
リニューアル&パワーアップする「月刊むらびぃと」も、ぜひ楽しみに待っていてくださいねー!

 

なな2

協 賛