日々のこと

道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村 > 日々のこと > 茶葉が舞う〜抹茶の原料(てん茶)製造中〜

茶葉が舞う〜抹茶の原料(てん茶)製造中〜

こんにちは!

新茶の時期を迎えたら、

抹茶の原料であるてん茶(碾茶)の製造も始まってまいります^_^

煎茶と抹茶、同じ茶葉から出来るお茶ですが、製造方法は同じではありません。

大きな違いは、

煎茶の様に茶葉を揉むことなく、
そのまま乾燥させた状態の茶葉。

摘み取った茶葉を蒸した後、カラカラに乾燥させます。

天に舞い上がる茶葉のこの工程こそ、てん茶の特徴ではないでしょうか!

煎茶でしたら、針の様に細く揉み込んでいく工程がありますが、てん茶はありません。

しっかりと乾燥した茶葉(裁断前)

しっかりと乾燥された茶葉を裁断していきます。

仕上がったてん茶を石臼などで挽くことにより、抹茶になります。

石臼挽きは、1時間に30グラムほどしか製造できませんが、時間を掛けて丁寧に仕上げた抹茶は、均一な粒子で鮮やかな色合いです。

抹茶となって手元に届くのが待ち遠しいですね^_^

協 賛