日々のこと

道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村 > 日々のこと > 京都・南山城村のおばあちゃんは魔女!アレと調味料以外は何でもつくる。

京都・南山城村のおばあちゃんは魔女!アレと調味料以外は何でもつくる。

村にきて、とにかくびっくりすることがあります。

 

村人は、米から野菜からなんでもつくる!

 

プラス、おばあちゃんは、

アレと調味料(※味噌はのぞく)以外のものはなんでもつくる!

 

アレとはなんでしょう?

 

これです

 

にしん

でかいめざし?

 

いやいや、ちゃうやろ。

 

にしん です。

 

にしんなんて、にしんそば以外に食べたことなんかない!

 

あとは、スルメとかいりことかかつおのストックが。

 

そう、おばあちゃんは、

 

魔女とは言え  海魚の干物までは作れない。

 

 

 

なんでこんなものを使うのか聞いてみました。

 

村は山奥だから、川魚以外の魚なんて手に入らないから乾物で行商にくる。

乾物は保存もきく。

それを旨みを出すために料理に使うのだそう。

 

すごすぎる、おばあちゃん。

 

 

で、そのにしんでこんなんつくりはります。

 

にしん味噌

にしん味噌

 

 

なんや、これはーーーーーーー!!!!!!!

なんちゅう具だくさんな味噌なんやろか。

 

材料は

にしん、にんじん、ごぼう、原木しいたけ、こんにゃく、味噌

 

 

基本的に、にしん以外、全部自分でつくる

 

こんにゃく

 

こんにゃく も。

 

 

 

そして、おばあちゃんのお決まりワード

 

なんにもないさけ、こんなんでごめんなー

 

と言ってふるまってくれるごはんがこのクオリティー。

漬物バイキング

 

バイキングやん!!!!!!

 

 

おそるべし。

 

ということで、ななは村の魔女になるべく修業を続けるのです。

 

なな2

協 賛