お茶

【公式】道の駅お茶の京都みなみやましろ村|茶畑に一番近い道の駅 > お茶 > 【機械がかっこよすぎる!】これが「むら茶」の生産風景だ!

【機械がかっこよすぎる!】これが「むら茶」の生産風景だ!

5月です。茶の産地、南山城村! 

品評会の出品茶づくりもはじまり、茶農家さんたちが本格的に動きはじめましたー!!

 

7月に村に移住してきた私たち道の駅スタッフも、新茶のシーズンははじめて!

このゴールデンウィーク中の記事をみていただいてもわかるように

現場を体験し、かなりむらむらしております♪♪

 

 

黄色味がかった初々しいお茶の葉。

覆いの下で数日過ごし、こんなに緑が濃くなりました。

旨みと甘みが凝縮された証拠。

田山南部茶園3

 

 

少しさかのぼりますが、4月30日。

田山地区の茶園で初刈りが行われました♪

 

ため息がもれるほどの絶景です

 

田山南部茶園

 

 

田山南部茶園2

 

こんな効率が求められる広い場所では、大型機械が便利。

 

 

はてはて、どんな機械を使っているのでしょう?

 

それは

乗用型摘採機

 

ジョーヨーガタテキサイキ  と読みます。

 

みなさん、ジョーヨージョーヨー と呼びます。

まるでガ○ダム に出てくるかのよう。

 

 

素直な感想、  かっこいいです

 

 

斜面でもへっちゃら。 ( ハタから見ているとヒヤヒヤしますが )

仲東さん乗用

 

※ どんなに気をつけていても、毎年いたましい事故があるとのことです。

  おいしいお茶は茶農家さんなしでは語れません。

  今年も安全第一、どうか事故などありませんように・・・

 

 

後ろ側。

袋をふたつつけて、風を袋の中に送り込みます。

刈った茶葉を傷ませずに、袋の中を浮遊させて収穫できます

 

877A4477

 

こちらは、バリカン型茶摘機。

877A4471

 

どちらも高さを調整しなければいけないので、とてもむずかしいそうです。

 

 

普段茶の間で見る茶葉からは想像もつかない光景。

 

摘まれた茶の葉です。

(この状態を 生葉(なまば) といいます) 

 

 

IMG_1690

 

さてさて、この葉っぱがどんなお茶になるのでしょうか!?

 

どんな工程を重ねていくのかはまたの機会に♪

 

 

なな2

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

関連記事:

 

昔ながらの作り方はこちら

■ 揉むこと6時間!恐るべし・宇治茶が出来るまで~南山城村手もみ保存会に密着!

 

お茶の手摘みの様子はこちら

■ 茶摘みに行くと毎日のお茶がありがたく感じるからオススメ!

 

若手茶農家プレゼンツ☆お茶の楽しみ方

■ お茶の品種を当てるゲーム【茶農家の考える「茶香服」】の魅力とは?

 

 

 

 

 

協 賛