むらのもん

道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村 > むらのもん > 【柿渋屋×陶芸家×ローフード】異業種コラボ茶会が斬新で楽しかった。

【柿渋屋×陶芸家×ローフード】異業種コラボ茶会が斬新で楽しかった。

村で開催されたちょっと面白いお茶会をご紹介します!

 

お茶会って聞くとどんなイメージでしょうか?

礼儀作法が大事。難しい。とっつきにくい。

でも、抹茶は美味しいもので健康にもいいのです。(抹茶の効能

気軽に抹茶を飲んで、みんなで話しをすることがいいのです。

 

「柿渋のトミヤマ」の冨山さんがカキシブハウスでお茶をたててくれます。

IMG_2838

久しぶりやわ~といいながらも、すばらしいお点前。

抹茶は南山城村の木野園さんのものを使用しています。

 

器はでんでんネコが有名な「トロッピカル窯」の藤田さんのものを使用。(参考:でんでんネコで癒やされてほしい

でんでんねこTシャツが欲しすぎる・・・

IMG_2840

縄文土器を連想させる不思議な模様が刻まれた器でした。

あ、うっすらでんでんねこ。

IMG_2841

藤田さんの世界感はすごいです。宇宙です。

IMG_2843

お茶菓子はローフードカフェのオーナーリンダさんが作ってくれました。

デーツのペーストと刻んだものを寒天で固めた羊羹でした。

IMG_2842

半ローフードのデーツ羊羹だそうです。寒天は火が入っているため、完全なローフードではないようです。

 

砂糖は入っていないのですが、甘みがすごくあるのでびっくりしました。

食感もねっとりしていて抹茶の苦味にとてもあいます

 

居住者の方が多かったので、居住者同士のコミュニティができて楽しかったです。

 

お茶のいいところは、空間をつくること。

田舎にいてもバタバタすることは多いけど、時々みんなで集まってお茶会をするのはいいなー!。

IMG_2839

今回のようにいろいろな方が集まると、自然とその話しになります。

道の駅ってどうなのー?とか、柿渋ってすごいんやでーとか、

器の作り方、表現の仕方だとか、ローフードについてだとか。

 

斬新な切り口のお茶会のほうが盛り上がるのです。

たなべ2

 

 

 

協 賛